■03春季生活闘争について沖縄県経営者協会などへ要請
 連合沖縄は、3月10日(月)午前、沖縄ハーバービューホテルで沖縄県経営者協会へ「03春季生活闘争に関する要請」を行った。要請には、狩俣会長をはじめ、連合沖縄三役が対応し、経営協は、知名会長ら三役が受けた。
冒頭、狩俣会長は、全国に比べて県内景気が順調に推移していることにふれ、03春闘において経営者の誠意ある対応を強く求めた。
なお、同要請については、中小企業団体中央会、沖縄県工業連合会、商工会連合会に対しても順次行った。



【要請内容】

2003春季生活闘争 要請事項

1.基本賃金の引き上げ
(1)労働組合の賃金引き上げは、消費回復の観点からも重要な意義を持っており、県内景気を本格的な回復に結びつけるためにも、会員企業や経営者に対し適切な指導を行うこと。
(2)具体的賃上げ額 5,300円+ベア分 0.7%
○連合沖縄調査に基づく1年1歳当たりの賃金上昇額:5,300円

2.賞与・一時金
  年間「6.0カ月」の支給に努力すること。

3.パート労働者等の労働条件の改善
(1)パートの賃金引き上げ・処遇改善・均等待遇の実現に向け努力すること。
(2)現行時給を10円以上引上げること、最低でも時間額 734円に設定すること。
(3)雇用契約の反復更新人事については、正社員化へ積極的に道を開くとともに、パート労働者が自らの意志に応じてキャリヤ・アップ、処遇を向上できる仕組みを確立すること。また、一時金、退職金についても制度化をはかれるよう、会員企業を指
導すること。

4.積極的な労使交渉の促進と県内ヤマ場への対応
  連合沖縄は、第一段 3月12〜14日、第二段4月18日〜24日(県内最大・最終のヤマ場)として設定している。企業内における労使交渉が積極的に行われるよう会員企業を指導すること。

5.不払い残業の撲滅と労働時間短縮
(1)不払い残業の撲滅に向けて労働時間管理を徹底するとともに、労使によるチェック体制を強化すること。
(2)年間総労働時間1800時間の実現に向けて恒常的時間外労働の削減、年次有給休暇の取得促進の取り組みを強化すること。
(3)ノー残業ウィークを設定し、企業内におけるノー残業デーを促進すること。

6.仕事と家庭の両立実現と男女間の処遇改善
(1)育児・介護休業法の社会化をはかり、子供を生み育てやすい環境整備を法律に照らして職場での遵守、定着、点検、及び改善の取り組みを強化すること。
(2)男女がともに仕事と家庭の両立ができる社会にしていくために、人事制度の整備・改革を通じ男女間の処遇格差の改善をはかること。


7.最低賃金制度の改善
(1)地域別及び既存産業別最低賃金の引き上げ
  @ 地域別最低賃金の改善
    地域別最低賃金は、組織労働者の賃金水準に比べて極めて低額となっている。中でも沖縄県は全国最下位の水準であり、全国最下位の県民所得構造を誘発・形成する一因となっている。また、それが安易なリストラや不安定雇用への切り替えを誘発していることも指摘されている。組織労働者との賃金格差是正だけでなく、県民所得向上を図っていく観点から地域別最低賃金の改善を関係機関に具申すること。
  A 産業別最低賃金の改善
    「産業別最低賃金」6業種(畜産食料品製造業、糖類製造業、清涼飲料・酒類製造業新聞業、各種商品小売業、自動車(新車)小売業)の定着化と金額改定が図られるよう業界及び関係企業に働きかけること。
(2)ホテル部門における産業別最賃の新設
   県経済の自立化、自立的発展に不可欠な観光産業を育成するために、当該産業に働く者の処遇改善は重要な課題である。その観点から現行地域別最賃から新たな設定による産業別最賃に移行させ、さらなる優秀な人材を育むような産業の活性化に経営者としての役割を果たすこと。

8.雇用の安定確保と労働災害・職業病防止の取り組み
(1)企業経営の安定と経営体質を強化するため、労使における事前協議を徹底するとともに、職場から失業者を出さない、出させない取り組みに責任をもってあたること。
(2)政労使合意(12/4)に基づく15年度予算案での「雇用パッケージ」による「地域労使就職支援事業」について、早期導入に向けた体制づくりに取り組むこと。
(3)ワーク・シェアリング研究会の取り組みを促進するため、労使の連携を強化すること。
(4)県産品愛用運動の促進で雇用の拡大をはかること。
(5)労働災害が依然として多発している状況にあり、ゼロ災から危険ゼロに向けた安全衛生管理体制を強化するとともに、職業病の撲滅、メンタルヘルス対策の充実に取り組むこと。

9.バス4社乗合部門の早期統合に向けた取り組み
  バス4社乗合部門の統合は、正念場の段階に差しかかっていることを踏まえ、その実現に向けて積極的に働きかけること。

以上
HOME ▼RETURN