■04春闘第3次総決起集会
 3月30日18時より、県民広場(県庁前広場)で、各構成組織の組合員約千人が参加して、2004春季生活闘争第3次総決起集会を開きました。
 狩俣会長は、「沖縄でいよいよ本格的な春闘が始まる。中央の大手では回答がでているが、中小零細企業の多い沖縄は未だに重大危機にひんしている。要求書を出せずにいる組合も残っている。互いに連帯の輪を広げ、妥結した組合は、手をさしのべ、有額回答を勝ち取るために最後まで頑張ろう!」と呼びかけました。
 集会では、春闘の取り組みのほか、連合の年金改悪阻止の全国統一行動も併せて行ない、政府の年金改革案に反対する集会アピールを全体で採択しました。
 現在、連合沖縄傘下の34組合が要求書を提出し、3組合が妥結しています。
 集会終了後、参加者全員で「春闘勝利!」「政府の年金改革案反対!」などのシュプレヒコールで、国際通りを牧志公園まで行進しました。
HOME ▼RETURN