■普天間基地の早期返還を!!
5・16普天間基地包囲行動』の取り組み
 「SACO合意」から8年、「普天間基地」は今だに宜野湾市の中心部に位置し、爆音被害を撒き散らし、常に事故と隣り合わせの危険性をはらみ続ける「普天間飛行場」の早期返還を求めることを目的に、普天間基地包囲行動が5月16日に実施されました。
 連合沖縄は、実行委員会からの参加呼びかけを受け、第6回執行委員会において論議を行い、@普天間基地の早期返還に絞る、A連合沖縄としてのアピール行動を展開することなどを確認し参加を決定しました。
 行動実施当日は、連合沖縄独自行動として普天間基地第二ゲート前(佐真下公園)にステージを設営し、地元の若手ミュージシャンのコンサートを行った後、組合員・家族650人が「普天間基地の早期返還」を訴える包囲行動に参加しました。
 また、平和運動センター加盟の連合沖縄各構成組織の組合員・家族も、それぞれの担当地域に多数参加しました。
 2時から始まった包囲行動では、第1回目で1箇所が繋がりませんでしたが、第2回目、3回目ともに手を繋いだ人の輪で、普天間基地全土を包囲することに成功しました。普天間基地の早期返還を・・・・・
Check!
          
素晴らしい歌声を披露する若手ミュージシャン「エリィ」さん          今回のステージプロデュースをしてくれた「琉聖」さん

舞台向かい(普天間基地第二ゲート前)の木陰で若手ミュージシャンのコンサートを聴く参加者
      
     参加者の前であいさつを述べる狩俣会長          連合本部から駆けつけ、あいさつを述べる阿部総合組織局長
      
       狩俣会長が参加者を激励する            13,000名余りの人の輪で普天間基地包囲することに成功
       
1回目、3回目は基地に向かって手を繋ぐ参加者           2回目は基地の外に向かって手を繋ぐ参加者 
 


何度もウェーブが回ってくる!!

 

HOME ▼RETURN