■連合沖縄2005春季生活闘争討論集会

 連合沖縄は、1月19日に自治会館1F大ホールで2005春季生活闘争討論集会を開催しました。2005春季生活闘争に備え、連合本部から須賀総合局長を講師として迎え、「2005連合白書」「2005春季生活闘争方針」について全体の意思統一を行ないました。
 
 また、「2005春季生活闘争における連合沖縄の取り組みについて」屋良事務局長より、賃金引上げ要求目安については、「賃金カーブ維持分(5,000円)+格差是正分(500円)」とし、業績好調の企業においては、さらに上積みを目指すこととし、合わせてパート労働者を含めた賃金改善の取り組み、不払い残業撲滅の取り組み、企業内最低賃金協定の締結、公正なワークルールの確立、未組織労働者への波及効果をも目指した取り組みを行なうことなど、2005春季生活闘争を取り組むにあたっての基本的スタンスを提起しました。
 
 連合沖縄は、連合本部方針を踏まえ、2月3日開催の第33回地方委員会において、「連合沖縄2005春季生活闘争方針(案)」を決定し、本格的に2005春季生活闘争を開始することとします。

2005春闘の連合方針を説明する
連合本部須賀総合局長

連合沖縄方針を説明する
屋良事務局長

2005春闘ガンバロー


当面の日程
 第一回闘争委員会     2月16日(水)      連合沖縄会議室
 春闘開始宣言集会     2月17日(木)8:00〜  県民広場
 春闘第二次総決起集会   各地域協議会で実施
 第二回闘争委員会     3月15日(火)      連合沖縄会議室
 春闘第三次総決起集会   3月30日(水)18:00〜  県民広場
HOME ▼RETURN