-2005春季生活闘争開始宣言集会-
 連合沖縄は、2007年1月24日(水)自治会館において『2007春季生活闘争沖縄県中央討論集会』を開催した。
 2007春季生活闘争の取り組みに向けて、連合本部から勝尾文三(連合労働条件局長)を招き、『2007連合春季生活闘争方針』について意思統一を行い、全体で07春闘勝ち取ることを確認した。
 連合沖縄における2007春季生活闘争の取り組みとして屋良事務局長から、賃金引上げ要求目安として「賃金カーブ確保分6000円+賃金改善分・社会公課負担増分1000円=7000円以上(定昇の有無にかかわらず)」を目指し、一時金についても前年度実績をふまえ、年間収入の維持・向上を目標に取り組んでいく。
 また、私たち組織されている労働者が、パート・契約・派遣労働者等の均等待遇・処遇改善に向けて、『時給10円以上の改善、時間給800円以上』を目標に取り組み、組織労働者としての役割と責任を果たしていかなければならない。
 さらに、不払い残業撲滅運動、労働安全衛生の取り組み、男女平等参画社会の実現や格差是正・公正なワークルール確立の取り組みなど、2007春季生活闘争を取り組むにあたっての基本的スタンスの提起が行われ、全体で意思統一を行った。

※ 連合2007春季生活闘争 闘争方針  



連合 勝尾文三労働条件局長



07春闘勝ち取るぞー!

※ 当面の集会日程

 ◆2007春季生活闘争開始宣言集会(県民広場)    2月21日(水)18:00〜
 ◆2007春季生活闘争第二次決起集会(各地協)    3月上旬
 ◆2007春季生活闘争第三次総決起集会(県民広場) 3月30日(金)18:00〜



HOME ▼RETURN