沖縄防衛局・外務省沖縄事務所・在沖米国総領事館  に対し、米軍の綱紀粛正と再発防止の徹底を要請!

沖縄防衛局

外務省沖縄事務所
 2月10日に沖縄本島中部で起きた米兵による女子中学生拉致暴行事件に対して、連合沖縄は、沖縄防衛局、外務省沖縄事務所、在沖米国総領事館に対し、事件に対する抗議と米軍への綱紀粛正と再発防止を強く申し入れた。
 仲村会長は、『これまで米兵による度重なる事件・事故が起こるたびに綱紀粛正・再発防止を申し入れてきた。にもかかわらず、またもや米兵による女子中学生拉致暴行事件が再発した。このことは沖縄県民の人権を踏みにじる行為であり断じて許すことはできない。
 米軍は事件・事故が起こるたびに綱紀粛正・再発防止と言っているが、何ひとつ改善されておらず、県民の怒りの声をいかしていない。
 また、これまでの事件・事故は決して偶然ではなく、基地あるが故に起きている。沖縄県民は、軍隊が住民を守らないことを過去の悲惨な沖縄戦で学んでいる。仲村会長は、在沖米国総領事館の首席領事に対し米軍責任者である四軍調整官の更迭を求めた。』
 連合沖縄は、今回の女子中学生拉致暴行事件を徹底的に糾弾し、再びこのようなことが起こることがないよう申し入れるとともに米軍の綱紀粛正、米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の抜本見直しを強く求めた。
 また、『米軍に対し再発防止策を県民に公開し、早急に被害者への完全補償を行うよう要求する』と、度重なる事件・事故に対する怒りと、被害者に対する米軍側の早期対応を強く申し入れた。

米兵による女子中学生暴行事件に対する申し入れ書(67KB)

HOME ▼RETURN