RENGO           RENGO      
連合沖縄 第22回定期大会(2009.10.21)
 すべての働く者の連帯で、希望と安心の社会を築こう。
          
 連合沖縄は、2009年10月21日(水)に宜野湾市沖縄コンベンションセンター(会議棟A1)において、『連合沖縄第22回定期大会』を開催した。
 定期大会は、代議員133名中、110名の出席があり、すべての議案および、「すべての働く者の連帯で、希望と安心の社会を求める大会宣言」「核兵器の廃絶と恒久平和を求める特別決議」「雇用の維持拡大に向けた特別決議」が全会一致で確認された。
 執行委員会を代表して、連合沖縄仲村信正会長は、「去る、8月30日に行われた衆議院解散総選挙において、連合沖縄が推薦した4人の候補者全員が当選する素晴らしい結果がでたことは、構成組織組合員の献身的な取り組みによるものであり、改めて感謝申し上げる。
 連合沖縄は、政権交代実現を訴えると同時に、「STOP THE 格差社会」の街頭宣伝行動も展開しながら、歴史的な闘いに積極的に参画してきた。その結果、政権交代が実現し、民主党を中心とする三党連立政権が樹立し、今後、マニフェストに示された政策実現を着実に実行していくことを期待する。
 労働組合の最大の課題である雇用と労働条件の維持・改善、組織拡大行動など、これまで1年間の取り組みを振り返り、2010年春季生活闘争を連合結成20周年の節目にふさわしい結果を出せるよう取り組んでいかなければならない。県内の中小・零細企業で働く仲間の賃金底上げ、総合的労働条件の改善が求められており、また、非正規労働者の賃金引き上げや労働条件改善要求にも、しっかりと取り組んでいかなければならない。
 組織拡大についても、非正規労働者の組織化は最重要課題として、連合各地域協議会、構成組織が連携した取り組みを進めていこう。全構成組織が要求作りから交渉強化、組織化など、連携した闘いを創っていこう。
 また、連合運動の存在価値を高め、広く社会的共感を得るためにも、政策制度要求実現の取り組みを一層強化していかなければならない。連合沖縄議員懇談会を立ち上げ、政策制度要求実現に向けて、協力議員と連携を図っていくこととする。
 男女平等参画社会について、女性役員の数値目標を設定し、女性役員を増やす行動を各構成組織と真剣に考え、具体的に実績があげられるように取り組んでいく。
 平和運動について、戦後64年が経過した今日、沖縄の現状は依然として変わることなく、米軍基地の過重な負担、米軍人による事件・事故が枚挙にいとまがない。連合本部の政治方針にもある『日米地位協定の抜本見直しと沖縄県の米軍基地の過重な負担軽減』は、連合本部を通して鳩山連立政権に強く働きかけをしていかなければならない。辺野古への新基地建設に反対する県民は7割に達すると言われており、先般の衆議院選挙で当選した県内4人の候補者も県外・国外を公約として当選した経緯がある。
 連合沖縄は、来る11月8日に開催される『辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会に参加することを決定した。多くの組合員の参加を呼び掛けていただきたい。
 連合は今後、基地問題に対して十分な議論を深め、具体的な対応を協議していくこととし、その視点は、「@基地労働者の雇用確保を政府の責任において図ること。A基地跡地利用の策定。B地権者の権利確保を踏まえた対応を図ること。」とする。
 最後に、政治課題について、民主党を中心とする政権が実現したが、私たち労働組合の政策とすべてが一致するわけではない。政権政党に対して、ダメなものはダメ、NoはNoと言える事が問われてくる。労働の尊厳を脅かすことには、毅然と立ち向かっていく事が肝要であり、支持・協力関係を大切にしながら、政党と労働組合の役割をしっかり認識し、協力すべきところは協力していかなければならない。
 労働者派遣法の改正や社会保障制度の拡充によるセーフティーネットの張りめぐらせた安心・安全な社会、労働を中心とする福祉型社会を実現するためにも、来年7月の参議院議員選挙を全力で闘い勝利しよう」と力強く、これまでの連合運動への感謝と、今後の連合運動への理解と協力を訴えた。
 来賓には、沖縄県仲井眞弘多知事をはじめ、 連合逢見直人副事務局長、沖縄県労福協屋良宣正副理事長(全労済沖縄県本部理事長)、民主党県連喜納昌吉代表(参議院議員)、社民党県連新里米吉書記長、沖縄社大党喜納昌春委員長、沖縄県労福協大城治樹副理事長(沖縄県労働金庫理事長)にご来席いただき、お祝いの挨拶をいただいた。



連合 逢見直人副事務局長


沖縄県 仲井眞弘多知事


労福協 屋良宣正副理事長


民主党県連 喜納昌吉代表


社民党県連 新里米吉書記長


社大党 喜納昌春委員長

◆核兵器の廃絶と世界の恒久平和を求める特別決議

◆雇用の維持拡大に向けた特別決議

◆第22回 大会宣言
HOME ▼RETURN