RENGO               RENGO        
連合沖縄2015春季生活闘争開始宣言集会



 連合沖縄は、2015年2月18日(水)に県民広場において「2015春季生活闘争開始宣言集会」を開催しました。集会には約600名の組合員が結集し、2015春闘勝利に向けて決意を確認しました。
 主催者を代表して、連合沖縄大城紀夫会長は、「2014春闘において全国的に賃上げを勝ち取ってきたが沖縄には波及していない。2015春闘は「賃上げ」「時短」による処遇改善を勝ち取る。また、沖縄県・沖縄労働局から要請のあった「働き方改革」について経営側も含めた4者の共同宣言に向けて取り組む。2月22日の辺野古集会は、地域と連携しながら対応していく。2015春闘はすべての働く者が大事にされ、地場経済を良くするための闘いを進めていこう」と訴えました。

 連合九州ブロック連絡会を代表して高島喜信連合福岡会長は、「沖縄県知事選挙、衆議院議員選挙の勝利が全国に感動を与えた。昨年は、名護市長選挙において北部地協の皆さんから感動と勇気を頂いた。この流れを受けて、佐賀県知事選挙に取り組み、結果を出せた。春闘情勢としては、政労使会議で賃上げ要請が政府からされたが、政府は労使関係に口を出すのではなく国の法律である最低賃金を引き上げれば良い。恒久的に継続できる賃上げを勝ち取ろう。景気改善は一部の人達が恩恵を受け、格差が拡がっている。将来の経済社会を見据えて今春闘を闘い、大手から中小、そして最低賃金の上昇に繋げたい。2015春闘キャラバンで九州は1つに団結して闘っていこう」と訴えました。
 集会では、連合沖縄高良事務局長からの行動提起、フード連合の知花幸明さん、沖教組の前花邦一さん、第一次産業労連の諸見里眞次さんから2015春闘への決意表明と産別の取り組みの報告も行われました。
 集会終了後には、参加者全員で国際通りをデモ行進して、県民へアピールしました。

開会あいさつを述べる
連合沖縄 砂川副会長

議長団を務めた
下地さん(全駐労)、宮城さん(情報労連)

行動提起を述べる
連合沖縄 高良事務局長

決意表明を述べる
フード連合 知花さん

決意表明を述べる
沖教組 前花さん

決意表明を述べる
第一次産業労連 諸見里さん

 集会宣言を読み上げる
女性委員会 宮城千絵さん

閉会の挨拶を述べる
連合沖縄 勘米良副会長

集会終了後
国際通りをデモ行進

HOME ▼RETURN