RENGO             RENGO       


連合沖縄2019新春の集い




オープニング舞踊「かぎやで風」

 2019年1月4日、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューにおいて、「連合沖縄2019新春の集い」を開催しました。新春の集いには、沖縄県玉城デニー知事をはじめ、沖縄県経営者協会金城克也会長、沖縄労働局安達隆文局長、県内選出国会議員、連合沖縄協力関係議員や構成組織組合員等、約200名が集い、働く者の労働環境改善に向けて取り組むとともに辺野古新基地建設阻止に向けた平和運動や今年行われる各種選挙に組織総力を挙げて取り組む決意を確認しました。

主催者あいさつを述べる
連合沖縄大城紀夫会長

来賓あいさつを述べる
沖縄県玉城デニー知事


会場風景

以下、大城紀夫会長新年あいさつ

 社会の不条理や格差の拡大を許さず、 安倍政権に代わる政治・ 「働くことを軸とする安心社会」の実現を!
 あけましておめでとうございます。構成組織・地域協議会の皆さんの日頃のご理解とご協力に心から感謝を申し上げます。
 今年、連合は結成30周年を迎えます。私たちは、労働者・市民運動の血のにじむ闘いの歴史があって、今日の労働条件、労働法制、社会保障制度があることを忘れてはなりません。この数年の経済成長が続く沖縄では、人手不足の中で働く環境を改善しなければ労働者・人材が流出し、企業は淘汰されていきます。2017年には「36協定」違反による賃金不払い事件があり、沖縄県・沖縄労働局・経営団体・連合沖縄の公労使4者が連携して取り組むことの重要性が再確認されました。すべての職場で労働基準法第36条に基づく「時間外労働・休日労働に関する協定書」を締結し、守らせていくことが重要です。連合は、3月6日「36・サブロクの日」をシンボルに「働き方改革」の運動を展開していきます。
 最低賃金制度は、労働者の生活を支える最大の柱である賃金を保障するセーフティーネットであり、更に重要度が増しています。2010年6月に「2020年までに全国最低800円、全国平均1,000円に引き上げる」ことが政府・連合・経営団体による「政労使」で合意されています。連合は、「誰もが時給1,000円」の実現をめざしています。
 昨年は、ハローワークでは「900円台の求人募集」の中で、目安23円に2円上積みして25円引き上げられ、762円になりました。月例給に換算すると4,400円〜5,000円の賃金引き上げになり、すべての働く者の賃金に波及し、今年の春闘に連動していきます。
 連合沖縄は、管制ワーキングプアをなくし、公共サービスを守り・高めていくための「公契約条例」の施行をめざして「沖縄県公契約条例に関する有識者懇談会」に参画し、経営団体と連携し、条例制定に取り組みました。これにより沖縄県では、公共工事、物品の購入、施設の清掃、請負、指定管理など公共サービスを担う受託企業の収益性を高め、働く者の賃金・処遇を改善していくことなどを「基本理念」とする「沖縄県の契約に関する条例(公契約条例)」が、昨年4月1日から施行され、今後も、「契約審議会」で運用を精査・改善していきます。
 連合沖縄はまた、昨年11月には「那覇市公契約条例検討審議会」に参画し、条例の施行をめざしていきます。今後も、市町村の公契約条例制定への働き掛けが重要になります。
 安倍政権による憲法改悪の動きには断固反対し、政府に批判的な市民団体・労働組合などに適用される可能性のある「共謀罪」と安保関連法を廃止させるために、多くの平和・人権団体と労働組合が共同・連帯して取り組みを強化していくことが重要です。
 沖縄県内においては、戦後74年が経過しても日米地位協定の改正と過重な米軍基地の整理・縮小や返還は進んでいません。それどころか、多発する米軍機の不時着・墜落・炎上、部品落下と米兵・軍属による事件・事故に対して、日本政府は、主権を放棄し国民・県民を守らず米軍の「占領意識」を助長する対応に終始しています。
 今こそ「オール沖縄」の原点に起ち、運動における統一と団結を強化し、日米両政府、「憲法・民主主義・地方自治を否定し、法律・ルールを守らない安倍政権」に対峙し続けている玉城デニー知事を信頼し支えることが重要です。辺野古新基地建設に圧倒的な反対の民意を示すために県民投票(2月24日投開票)を成功させましょう。
 私たちは、国内・国際世論を喚起し、連帯を強化することによって、玉城デニー知事、沖縄県民と共に日米両政府に辺野古新基地建設を断念させるまで引き続き取り組んでいきます。
 今年は、4月には衆議院沖縄第3区補欠選挙(4月28日)、7月には参議院選挙、または衆議院解散によるダブル選挙が想定されます。連合沖縄は、安倍政権に代わる政治の実現をめざし、すべての推薦候補者の勝利に向け、総力を挙げて取り組みます。
 連合沖縄は、構成組織・地域協議会と共に社会の不条理や格差の拡大を許さず、働く者・国民の生活の底上げをはかり、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて団結・連帯を強化し取り組むことを決意します。
 今年1年の構成組織・地域協議会の躍進と組合員の皆様及びご家族のご健勝とご多幸を祈念しまして年頭のご挨拶といたします。
HOME ▼RETURN